掃除の手間は大幅に減る

キッチン

近年では、共働きをする夫婦が増えてきています。
一昔前は専業主婦が多く、家事は基本的に主婦がおこなっていました。
しかし現在では、外に働きに出ているために、家事にあまり時間をかけることができない主婦が増加しています。
夫に協力をあおいでも、夫も働いているため、家事に費やせる十分な時間や体力や気力がない場合が多いです。
炊事なら外食することでせずに済みますが、掃除はそうもいきません。
そのため現在では、掃除になかなか手が回らないという夫婦が増えているのです。
掃除をおこなわずにいると、床にはホコリがたまります。
しかしホコリなら、たまに掃除機などで掃除すれば、すぐに除去できます。
厄介なのは、水回りです。
水回りは、水を多く使う場所なので、カビが生えたり錆びたりしやすいです。
そして一度カビが生えたり錆びついたりすると、簡単には元の状態に戻せません。
むしろカビも錆つきも、どんどんひどくなります。
そのため水回りの掃除は、こまめにおこなうことが必要です。
しかし先述のように、こまめに掃除をおこなうことができない人が増えています。
そのような人にとって便利なのが、水回りのコーティングです。
コーティング剤を塗ることで、掃除の手間は大幅に減るのです。
コーティング剤には、フッ素やシリコンやナノ化ガラスなどがあります。
いずれも撥水性があり、水を弾きます。
そのためこれらで水回りをコーティングすると、水垢がつきにくくなり、そこからカビが繁殖したり錆びたりする心配がなくなるのです。
汚れもこびりつかないので、掃除は軽く拭く程度で十分です。
つまり手間をかけることなく、水回りの衛生状態を保てるようになるのです。
掃除をする余裕のない人にとって、非常に便利と言えます。
ただしコーティング剤は、徐々にはがれていきます。
種類にもよるのですが、だいたい数年ではがれてなくなってしまいます。
そうなると水を弾かなくなり、汚れたりカビが生えたり錆びたりしやすくなります。
そのためコーティング剤が完全にはがれてしまう前に、再度コーティングする必要があります。
とはいえ、数年に1度の頻度で済むので、大変なことではありません。
カビや錆びつきがひどい場合には、水回りのリフォームが必要になることもあります。
そうなると費用もかなりかかることになります。
つまり水回りのコーティングは、掃除の手間だけでなくリフォームの必要性をも減らすことができるということです。

オススメリンク

コーティングの費用

水回りの台所のシステムキッチン回りや洗面所の洗面台、浴室の浴槽内外や壁面、トイレの便器やタンク回りな…Read more

関連リンク

最新の投稿
アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
2015年3月
« 11月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031